自宅で最期を迎えるか、施設や病院で最期を迎えるか

終末期を家族と過ごす

 自宅で最期を迎えるのか、施設や病院で最期を迎えるのか、決まりやルールは特にありません。認知症以外の病気も併発している場合は医療機関でということも多いのが現状ですが、実際にはどう選べばいいのでしょうか??

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

最期まで自宅介護をする

 終末期の方を自宅で介護するには一定の条件が揃っている方が無難です。条件全てに当てはまらなければいけないというわけではありませんが、条件にできるだけ多く当てはまっている方が本人にも家族にも健全な自宅介護を続けることができます。また、痰の吸引や胃ろうからの栄養・薬剤の注入など覚える必要のあることもでてきますので、ある程度の覚悟を持っていてください。

◎自宅介護の望ましい条件◎

  • 本人も家族も自宅での介護を望んでいる(←これが一番重要)
  • 介護できる方が数人いる(数人で交代しないと介護疲れになる)
  • 訪問診療や訪問看護などの医療的なサービスを受けられる
  • 定期的に介護以外の面だけでもサポートしてくれる親戚がいる

 ざっといくつかあげてみましたが、このくらいの手厚さがないと自宅での介護は難しいと言わざるを得ません。特に医療的な支援となる訪問診療や訪問看護は必須の事項だといえます。最終的な状態になると24時間対応してもらえる医師を探しておくことも大切です。

在宅で最期を迎える準備

施設で最期を迎える

看護師さんの画像

 自宅介護で最後を迎えさせてあげたいと考える家族は少なくありませんが、その頑張りが裏目に出てしまい、介護疲れになることも多いのです。そんな家族を見ている本人にも悪い影響が出てしまい、施設に入所させた方がかえって元気になったという話もあるくらいです。

 やはり施設で行う介護は、設備なども違いますし、何より専門家が行うものです。家庭でできる介護とはまったく異なるものだと考えて下さい。ただ、施設への入所や療養病床への入院は今すぐ明日から!というワケには行かないのが現状です。入所・入院は前もって探しておくことをオススメします。終末期までしっかりと介護をしてくれる施設は一般に、特別養護老人ホームか療養病床になります。特別養護老人ホームは値段が安価なので人気の施設です、数ヶ月待ち~半年待ちというのは当たり前のところなので前もって予約するなどしておかないと入所することができないかもしれません。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon