認知症の非薬物療法-音楽療法

回想法

 回想法はアメリカの精神科医によって創られた高齢者を対象とした心理療法です。昔の話を思い出したりしながら、個人同士、またはグループで楽しくおしゃべりをするようなスタイルなので、場所や費用、特別な技術が必要とされないため利用されることが多くなってきた。もちろん、認知症に対する効果にも注目を浴びています。

 一般に、回想法はグループで行うグループ回想法と、個人で行う個人回想法の2種類があります。グループ回想法は老人ホームなどの介護施設において、精神科医や臨床心理士などが指導しながら認知症患者さんのみなさんでおしゃべりを促すようにまとめます。個人回想法では1対1、または1対家族などの形で家庭でも気軽に行うことができます。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

回想法の狙い

楽しくおしゃべり

 回想法では、認知症の方本人に色々なことを語ってもらうことが大切です。自分の人生で一番輝いていた頃のことを積極的に話してもらい、一時的にでも認知障害の不安から解放することが狙いの1つです。もう1つの狙いは、家族や仲間同士でおしゃべりという楽しい時間を共有して、コミュニケーションの機会を作るということです。

 昔の写真を持ってきたり、子供の頃に流行ったおもちゃ、あの頃はどうしてたとか、他愛ない話で結構です。こちらはできるだけ語らないようにし、できるだけたくさんのことをお話してもらうようにしましょう。

※回想法は昔を思い出したり、語り合ったりして脳の力を活性化したり、家族間・仲間間のコミュニケーションの手伝いをするものです。症状の進行を少しでも遅らせようとする程度のものであって、認知症を治癒させたり、元の状態にまで戻るようにすることはできません。また、人とコミュニケーションをとることが苦手な方や避けている状態にある方にはオススメできません。無理に何かをさせようとしても意味がありません。回想法の本来の意味や性質を見失わないよう取り入れてください。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon