認知症の周辺症状に対する薬物治療

周辺症状の薬物治療

 このページでは認知症の周辺症状の薬物治療を紹介したいと思います。が、その前に周辺症状に対してまず最初にする治療法は非薬物療法です。例えばですが、介護する側の家族や周囲の人間の対応のがマズい場合に、この周辺症状が生じていることがあります。非薬物療法だけではどうにもならなかったときに初めて薬物療法へと移ります。

 また、薬物療法に対して万能だという幻想を抱いてはいけません。周辺症状に対して投与するお薬は向精神薬が一般的で、この類のお薬は作用もしっかりとありますが、副作用もしっかりあります。周辺症状を薬だけで根絶しようとするのははっきり言って不可能です。症状がマシになる程度や、介護が気楽にできる程度に効果があれば、それで万々歳と思った方が良いかと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

認知症の周辺症状に対してよく使われる医薬品

抗精神病薬のリスペリドン、クエチアピン、オランザピン

リスペリドンとオランザピン

 元々は統合失調症に使われるお薬なのですが、安定作用があるため、認知症の周辺症状でみられる、幻覚・妄想・興奮などの症状改善を目的として使用されることがあります。クエチアピンとオランザピンは糖尿病を悪化させることがあるので、糖尿病のある方には使えません。

 また、副作用として、パーキンソン症状(手足のふるえや食べ物が飲み込みにくくなるなど)が出ることもあるので、副作用回避のためにブロモクリプチンメシル酸塩のパーロデルが併用されることもあります。

抗不安薬のクロチアゼパム

クロチアゼパム

 精神安定作用があり、不安や緊張などの症状や不安からくる不眠などを改善するお薬です。目立った副作用もなく、効果もシャープに現れるためよく使用されるお薬です。しかし、やや依存性があるので使い始めるとやめにくくなる患者さんも中にはいらっしゃいます。

抗うつ薬のパロキセチン

パロキセチン

 認知症患者さんで抑うつ症状を示したり、不安症状からくる不眠症状に悩まされる方がいます。例えば、夜中に眠れなくなったといって家族の寝室に来るという行為はまさにこれに当てはまります。こういった認知症患者さんにパロキセチンが処方されることがあります。似た作用の薬のフルボキサミンやミルナシプランが出ることもあります。

漢方薬の抑肝散

抑肝散

 抗精神病薬は、作用・副作用が強いという欠点があり、効きすぎる方や副作用が出すぎる方が出てきます。そういった方に抑肝散という漢方薬が処方されることもあります。主に幻覚・妄想・興奮・攻撃性のある患者さんに使用されます。単独で使用されることもありますが、他の薬と併用して出されていることも多いお薬です。

当サイトに記載している薬物療法の注意点

 周辺症状と一口に言っても、幻想・妄想・暴力・徘徊など多岐に渡っていますし、人によって出る出ないがあります。それに、周辺症状に対する治療法ははっきりと確立されたものがありませんし、人によって薬の効きの良し悪しが違います。症状、医師の考え、薬の効き方によって、色々な使われ方がされていて、どれが正しい治療法なのかはっきりしていないというのが現状です。

 ですので、当サイトに書いてある使い方とは違う使い方を主治医がするかもしれません。もし、何か不安に感じたり、疑問に思った場合は当サイトを鵜呑みにする前に主治医に相談してみることをオススメします。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon