認知症の困った症状への対処法-ご飯を食べてないと言う

ご飯を食べる

 認知症のよくある症状として有名な症状の一つがこれ、ご飯を食べてないと言うことです。実際に目の当たりにしないとコントのような話だと笑えるのですが、認知症の人は本当に食べていないと思っているので真剣です。認知症が初期の初期であれば、さっき食べましたよなんていう言葉で納得するかもしれませんが、認知症が進むと納得できず怒り出したりと手が付けられなくなるケースもあります。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

どうやって理解・対処すれば良いのか?

 認知症になると、昔のことは覚えているが、最近のことはすぐに忘れるようになります。専門的には短期記憶と呼ぶのですが、この機能が低下するため食べたことを忘れてしまうわけです。ですが、実際は食べているんだから、お腹いっぱいなはずなのですが、厄介なことに満腹中枢の働きも悪くなっているため、お腹がいっぱいかどうかが分からなくなるのです。

 次の項目からいくつかの対処法を紹介してみたいと思います。

適当に話を合わせてあげる

 ご飯を食べていないと言い出したら、何が食べたいですか?何か作りますね。などといって話をあわせるのも1つの対応策です。すぐに作ったりせず、このあとで作りますので待っていてくださいと言っておき、別のことに気をそらすようにできればGood!

食事の後、片付けをしないようにする

空の食器

 テーブルの上に食べた後の食器をそのままにしておくことで、食べたんだなっと思い出すヒントになることがあります。認知症状が進んでくると『食器が出ている=食事をした』という事柄を頭の中でうまくつなげられなくなってくるので、あまり効果はありませんが、初期の頃であれば、この方法でOKです。

低カロリーなものを食べさせる

 どうしても何かを食べないと諦めない方も中にはいますので、そういう方には低カロリーなものを食べさせると良いでしょう(ダイエット用のクッキーなどがオススメ)。糖尿病や高血圧など、他に気になる病気がある場合は主治医と相談の上、食べさせていい量を決めてから食べさせると良いでしょう。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 本人はご飯を食べたという事実すら忘れています。満腹中枢の働きも悪いので満腹感もあまりありません。なので「さっき食べましたよ」と言われても分かりません。ですので、理詰めで食べたことを説明することはあまりよくありません。本人にしてみたら、本当に食べていなくて、不安になっているところなのに理詰めで説明されるとバカにされたような気分になってしまいます。

 こちらにしてみれば正論なのですが、認知症の方にとっては正論とは感じないのです。できるだけ、認知症の方の意を汲みとって対応できると良いですね。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon