認知症の困った症状への対処法-病院に行こうとしない

認知症の診察

 認知症の患者さんは自分が病気であるという認識に欠けている、または乏しい場合が多いことが特徴としてあげられます。家族が普段の言動などから「おかしいな?」と思い病院へと連れてくるのですが、本人は病気とは何も感じていないので、バカにしてるのか?などと、一悶着ありなかなかすぐに受診できないようです。

 受診拒否している患者さんを受診させることはかなり難しいというのが実際のところです。場合によっては本人を連れてこずに、家族さんのみで外来を受診するのも手だと思います。確定診断まではできませんが、普段の様子や症状を聞くだけでも大体のことは分かるはずです。どうしても連れてこられない場合は病院に電話をして、家族だけの受診でも良いのか聞いてみると良いと思います。確定診断も確かに大切なのですが、周りの家族が今後どうすれば良いのかを知ることが一番大切な事柄なのです。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

どうやって理解・対処すれば良いのか?

 認知症の患者さんは、自分が病気になっているということを十分理解できないことが多いです。また、自分の物忘れからくる物盗られ妄想なども自分が悪いのではなく、周りの誰かが犯人だと思っています。本気でそう思っているので、病院へなぜ受診しなければならないのか分かりません。ですが、いつかはどうにかして受診してもらう必要があります。この項目ではその方法をいくつか紹介してみたいと思います。

健康診断を装う

 市町村からの広報なんかの健康診断をうまく利用するのも一つの手段だと思います。このとき可能であれば家族さんも一緒に検診を受ける、友人も受けるなど、1人ではなく皆で行くよという雰囲気があるほうがより良いですね。

家族以外からのオススメ

 認知症の患者さん(疑いのある人を含む)は家族の言うことはなかなか聞かない方が多いですが、親戚や友人、その他権威ある方(警察とか)からのオススメであれば素直に聞くことがあります。

医師に往診してもらう

 こちらはどうしても病院に行かないという方への最終手段であると思います。行こうとしないのであれば、来てくれる医師を探す方が手っ取り早かったりします。家に医師が来ると大人しく診察してくれる方が意外と多いのです。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 認知症の方に理詰めで説得をするのはよくない対応法です。理解力や判断能力が低下しているので、理詰めで言われても分かりません。代わりに反発、不安感などが生まれ、余計に話がこじれることが多いです。本人にしてみれば、どこも悪い(病気)とは思っていないので、変な目で見られていると感じたり、批判されたような感情を抱くことが少なくありません。

 また、外食に行こうなどと誘っておいて、病院へと強引に連れてくるのも良くありません。外食に行くために出かけたことをすっかり忘れてしまっていて、うまくいくことも無くはないのですが、初期レベルの認知症患者さんの場合、忘れておらず、騙された!ということになります。その時だけの問題ですめばいいのですが、今後どこにも一緒に出かけてくれないなどと、後々の生活にしこりを残すケースも多いのです。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon