認知症の困った症状への対処法-車の運転をやめない

認知症の方の車の運転

 認知症患者さんが車の運転をやめてくれないということは大変多いんだと思います。2001年度の道路交通法が改正され、認知症と診断された患者さんは車の運転免許が取り消しとなるのですが、なかなかやめていないというのが実際のところのようです。その対策法はあまり多くありませんが紹介してみたいと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

認知症が告知されている場合

 本人に認知症が告知されているのであれば、はっきりと認知症だと診断された人は運転をしてはいけないと伝えておくことが一番だと思います。変な言い訳をするよりも、単刀直入で本人にも分かりやすいです。

認知症が告知されていない場合

 告知されていない場合は少しやっかいです。簡単に『もう歳だから事故を起こしやすい』なんて説明で引き下がってくれるのであれば良いのですが、実際はあまり言うことを聞いてくれません。しかし、第三者の言うことは比較的聞いてくれやすいので、医師の診断書で車の運転をしないように書いてもらうとかも良いと思います。

 後は、車が故障したということにして、自宅や駐車場に車を置かないようにするか、もしくはいっそ車を廃棄してしまうことも視野に入れるべきだと思います。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 運転させてはいけないと考えて、ケンカをするようなことをしてはいけません。うまく納得させられないのであれば、その場は家族が運転してお出かけするように催促するようにするしかないでしょう。可能な限り、こういった状態になる前に何らかの手を打つのが最善の策だと思います。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon