認知症の困った症状への対処法-冷蔵庫の物を勝手に食べる

冷蔵庫のものを勝手に食べる

 認知症の患者さんが過食になってしまうことはよく知られています。軽度から中等度の認知症患者さんにみられる症状で、誰にでも起こりうる症状といわれています。食事が終わった後すぐにでも「まだ食べていない」と訴えたり、深夜に勝手に冷蔵庫を開けてあるものを食べたりします。

 単におやつを食べるという程度のレベルであれば問題は無いのですが、手当たり次第に目に付くものを食べていってしまうところが問題です。過食が続くと体重が増えたり、糖尿病など他の疾患にも影響が出てくるので、家族にとっては心配な症状の一つになります。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

どうやって理解・対処すれば良いのか?

 認知症になると、脳の満腹中枢の働きも悪くなってしまいます。満腹中枢の働きが悪くなると「自分は今、満腹だ」という命令が出なくなるので、食欲のコントロールが効かなくなります。また、認知機能自体が低下しているので、さっき食べた晩御飯のことも忘れてしまいます。この2つが原因で食べ続けるという行動に繋がるわけです。

 まず、最初にできることは食べ物を目に付くところに置かないことが大切です。冷蔵庫にある食べ物に固執するのであれば、冷蔵庫に鍵をかけるのも手だと思います。(冷蔵庫につけられる鍵はこちらで販売されています。)そして、何かを食べたいと言い出したときは勝手に食べてしまう前に、低カロリーのものを出してやるなどして、うまくコントロールしていくことが大切です。

 また、食に関することでは他にも変化がみられます。以下に食に関する変化を列挙したいと思います。

嗜好の変化、偏食ぎみになる

 今まで脂っこいと言って食べなかった食べ物を急に食べるようになった。好きだったものを偏って食べるようになった、それしか食べなくなったなど

食べ物ではないものを食べる

 食べ物と食べ物でないものを区別することができなくなってしまい、何でも食べてしまうことがあります。この行動は「異食」と呼ばれ、レントゲンでスプーンやフォークが見つかったということもあります。

自分が食べられる量が分からなくなる

 自分が食べられる量が分からなくなるので、ご飯やおかずを大量に器に取ったり、1口では食べられない大きさのものを食べようとしたりします。

目の前にあるものを食べる

 目の前にある食べ物から食べる傾向があるので1品ずつ食べます。バランスよく満遍なく食べることができません。この行動は「一方食い」などと呼ばれています。また、他人の食べ物か自分の食べ物かを区別できなくなり、目の前にある食べ物をとったりして施設などでトラブルになることもあります。

手づかみで食べる

 お箸やスプーンの使い方が分からなくなったりして手づかみで食べることがあります。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 本人は食べたことも忘れています。満腹中枢の働きも悪いので満腹感はありません。なので「さっき食べましたよ」と言われても分かりません。むしろ食べさせてくれないと思っているので「飢え死にさせるのか!」などと怒ってくることもありますし、近所の人に「嫁にいじめられている」などと言いふらすこともよくある行動の1つです。

 また、多少食べすぎであっても、気にしすぎるのは、介護している人間にとってよくないと思います。体調を悪くしたりするほどでなければ、過食は長く続く症状ではないので、食べさせてあげるのも手かと思います。完璧な介護をすることは無理なのが実際なのです。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon