認知症の困った症状への対処法-色々なものを拾ってくる

ゴミを集める

 認知症では、色々なものを拾ってくる、集めてしまうという行動も症状の一つです。家族にしてみれば何が大切なのか分からないようなものを拾ってきたり、どんなものでも勿体無いと言って捨てなかったり、とにかく捨てたがりません。拾ってくるものは石、枝、衣類、空き缶、雑誌類、布団など多種多様です。

 単に集めてくるだけならば、家族がうまく片付ければ問題ないのですが、人の家のものを持ってきてしまったり、お店の商品を持ってきてしまったりする場合もあります。お金を支払ってすむ問題ではなくなることもあるので注意が必要です。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

どうやって理解・対処すれば良いのか?

 本人をどうにか説得して拾ってこないように、物集めをしないようにさせることは不可能な場合が多いです。いつも付きっ切りでいられるならば可能かもしれませんが、そうではない場合は無理です。ですので、本人がよくいくお店や、散歩コースにあるお店、近所のお宅に、前もって認知症である旨を説明しておくしか方法はありません。警察などにも先に連絡しておくこともオススメです。

ゴミ箱

 また、集めてきたものを処分していくことは介護者の仕事になります。まとめて一気に捨てたりすると気付かれて揉める原因となりますので、本人にとって危険なものでない限り、分からないように少しずつ処分・整理していくことがコツです。

 特に食品関連を集めるような認知症の方の場合、部屋で腐ってしまったりしてにおいの問題が発生することがあります。さらに言えば、腐っているということを認識できず食べてしまうようなことも起こり得ます。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 良くない対応としてあげられるのは、認知症の方に怒鳴りつけたりすることです。可能であれば、近隣のお店の人にも怒鳴りつけたりしないようにお願いして、お金は後で支払うことを約束しておければ最高です。(この辺りは色々と難しい問題ではありますが)

 そして、集めてきたものを目の前で捨ててしまうような行為です。どういったものであれ、本人はどこかしらに大切だということを感じ取って集めてきたものなのです。目の前で処分したり、取り上げたりすることは宝物を捨てられるようなものなので、興奮し、暴力行為にうつることもあります。できるだけ穏便に済ませられるよう、本人の分からないところで整理していくしかありません。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon