認知症の困った症状への対処法-火の不始末

お鍋を火にかけたままにする

 認知症患者さんが火の不始末をしたということは大変多くみられる問題です。女性の認知症患者さんであれば料理中のお鍋の火を消し忘れたり、愛煙家の認知症患者さんであればたばこの火を消し忘れたなどの行為が多くを占めています。場合によっては火事にも発展することですので、そうならないように備えをしておくことが大切です。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

料理の火を消し忘れるケース

 女性の認知症患者さんでは、今までの経験上ずっとご飯を作ってきた方が多いです。『危ないので料理はやめてくださいね』といきなりいわれても、自分の中の習慣として残っているものなので、料理をさせてくれないということにすごく抵抗を示す場合があります。

 また、全ての作業をさせないとなると、せっかくのできることを取り上げてしまうことにも繋がります。野菜を切る作業をしてもらう、おかずを入れてもらう作業をしてもらうなど、うまく火を使わない作業をしてもらうと良いでしょう。

たばこの火を消し忘れるケース

 認知症の患者さんは、認知症になったからといって、たばこのことを忘れてしまうわけではありません。認知症が軽度なうちは禁煙を嫌がりますし、実際にたばこを吸いたいと言うことも多いです。しかし、これも初期のうちだけです。認知症が進んでいくとたばこのことも忘れてしまいますので、自然と火の不始末はなくなります。

どうやって理解・対処すれば良いのか?

たばこの火の不始末

 料理の火の消し忘れにしろ、たばこの火の消し忘れにしろ、認知症の方は火をつけたことすら覚えていません。ですので、火を消さないといけないとすら感じていないことが多く、後から何を言っても自分はやっていないと言い張ります。むしろ、あなたがやったんだ、子供がやったんだと他に犯人を探そうとさえします。

 火の不始末を防ぐためには、火のでる製品を使えないようにする、もしくは安全な器具に変えてしまうことが一番良い対処法です。ガスコンロやガスストーブなどは危険なので使わないようにし、IH調理器などの火が出ない製品に買い換えたりすると良いです。

 たばこに関しては、たばことライターの管理を家族がし、たばこを吸い切るまで家族が付き添うようにするしかありません。特に寝タバコは厳禁です。

良くない対応法

間違った認知症への対応方法

 料理にしろ、たばこにしろ完全に禁止にしてしまったり、取り上げてしまうのは良くありません。料理の場合はできる作業をお願いして、火の使う作業はさせないようにすることが一番です。できる作業をしてもらうことは、認知症の患者さんにとって、リハビリにもなりますし、コミュニケーションの手段にもなります。

 たばこの場合、取り上げてしまうと、どこかで勝手に買ってきて隠れて吸うようになります。こうなると家族が管理できないところで火の不始末が起こる恐れがあるので、大変危険です。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon