治る可能性のある認知症

認知症が治る

 認知症と聞くと治らないものだと決め込んでいませんか??確かにアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など完全には治らない認知症が多いのですが、認知症全体の約1割程度の認知症は治る可能性のある認知症(もしくは認知症のような症状が出る病気)だと言われています。

 ただ、治る可能性のあるものも早期発見~適切な治療をしないと手遅れになるケースもあります。認知症は治らないと決め込まずに疑わしい症状があれば、まずは専門医に診察してもらうようにしましょう。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

治る可能性のある認知症

 治る可能性のある認知症や、認知症とよく似た症状を示す病気を紹介してみたいと思います(ただ、これで全部というわけではないと思いますので、アシカラズ・・・)

正常圧水頭症

 頭の中は髄液と呼ばれる液体が絶えず、流れているのですが、この流れや吸収がうまくいかなくなり、脳室内に髄液がたまってしまい、脳室が拡大し、脳が圧迫されます。脳が圧迫されることで記憶障害や歩行障害、尿失禁などの症状があらわれます。

 頭蓋骨に小さな穴を開け、細い管を当してたまった髄液を抜き取れば症状を解消・改善する可能性があります。

慢性硬膜下血腫

 転倒などして頭を強く打ったときに硬膜の内側に出血し、それがたまって血腫となり脳を圧迫するものです。一般に頭を打ったあと3週間以降に、頭痛や片麻痺(歩行障害)認知症症状などがあらわれます。

 こちらも頭蓋骨に穴を開け、血液のかたまりを取り除く手術をして症状を解消・改善する可能性があります。

脳腫瘍

 脳腫瘍ができる場所によって認知症を起こすことがあります。(逆に言えば、できる場所が違えば認知症の症状は出ず、異なる症状が出ることがあります。)

 放射線治療などで腫瘍を小さくすることができれば、認知症症状を解消・改善する可能性があります。

甲状腺機能低下症

 甲状腺の機能が低下すると、新陳代謝をよくする甲状腺ホルモンの分泌が低下し、思考力が低下したり、ボーっとしたりするようなことが増え、あたかも初期の認知症のような症状を示すことがあります。

 チラーヂンSという内服薬があるのですが、それを服用することで治療することができます。

ビタミン欠乏症

 ビタミンB1、B12、葉酸などのビタミンが欠乏することで認知症が発症することが知られています。

 当然、ビタミン補充療法をすることで症状を解消・改善する可能性があります。

薬剤性の認知症

 ステロイド剤や多量の精神安定剤、血圧を下げるお薬など、ここで全てを挙げきるのは無理なくらい色々な医薬品で副作用として認知症の症状を示すものがあります。糖尿病治療薬で血糖値を下げすぎた場合も起こることもあります。

 原因となった薬の服用を中止すれば、症状を解消・改善する可能性があります。

慢性アルコール中毒

 アルコールの大量摂取で脳の機能が傷害されて、認知機能障害が出ることがあります。これは年齢に関係なく、若い方でも起こり得ます。

 アルコールの摂取を中止すれば、症状を解消・改善する可能性があります。

 これら以外でもあると思うのですが、ひとまず代表的なものを紹介してみました。認知症=治らないっと諦める前に、まずは専門の医師に診察してもらうことが大切だと思います。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon