レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症

 レビー小体型認知症はあまり聞き慣れないかもしれませんが、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症に並ぶ三大認知症の1つで、認知症全体からいうと約15~20%ともいわれています。レビー小体という異常なたんぱく質の塊が脳の中(大脳皮質)にでき発症すると考えられていますが、詳しいメカニズムはまだ分かっていない病気です。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

レビー小体型認知症の原因と考えられているもの

 上の項目でも書きましたが、レビー小体という異常なたんぱく質の塊が脳の中(大脳皮質)にできることが原因なのですが、このレビー小体がなぜたまってできるのかが分かっていません。近年、レビー小体の本体がアルファ・シヌクレインというものだと判明し、徐々に知見が増えていっているところですが、詳しくはまだ分かっていないのが現状です。

レビー小体型認知症は他の認知症とやや異なる

 いわゆる『物忘れ』という認知症の症状が出ることに違いはありませんが、初期の頃は幻視・幻覚・妄想・うつなどの症状が目立つことが多いです。この幻視の症状はあたかも現実のように見えているようで、『知らない子供が部屋にいる』や『死んだはずの人がいる』など、本当に怖がったりするケースがあります。また、パーキンソン病と同じ症状(手足や筋肉のこわばり、動きの鈍さなど)が出ることも特徴的なポイントです。

パーキンソン病もレビー小体が関わっている

レビー小体型認知症

 パーキンソン病の発症にもレビー小体が関わっています。こちらも詳しいメカニズムまでは分かっていないのですが、レビー小体が脳幹にたまるとパーキンソン病に、さらに病変が広がり大脳皮質にたまるとレビー小体型認知症になると考えられています。

 少し前までは、パーキンソン病が先に診断されるとパーキンソン病による認知症、先に認知症と診断されるとレビー小体型認知症と区別されていましたが、今ではこれらの区別に意味はないという考え方になってきたように思います。

レビー小体型認知症で使われるお薬

 レビー小体型認知症でよく使われるお薬を簡単に紹介してみたいと思います。

認知症の症状に使われるお薬

アリセプト

 レビー小体型認知症に対しては、有効とされるお薬がなかったのですが、2014年にアルツハイマー型認知症で使用されるアリセプトがレビー小体型認知症にも有効であるということが分かり、保険適応となりました。レビー小体型認知症の認知症症状に対してはアリセプトが使用されます。

パーキンソンの症状に使われるお薬

マドパー

 レビー小体型認知症ではパーキンソン病のような症状(手足や筋肉のこわばり、動きの鈍さなど)が出るため、パーキンソン病治療薬が使用されます。代表的な薬はレボドパ製剤やドパミンアゴニストといった系統のお薬が使用されます。それ以外にもパーキンソン症状に使われる薬はいくつもありますが、いずれも症状を抑えるものばかりで、パーキンソン病そのものを完治させる薬はまだ開発されていません。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon