認知症-自宅介護と施設入所のメリットとデメリット

自宅か施設か

 自宅介護を始めた方も、始めようと思う方も、もう一度自宅介護と施設入所のメリットとデメリットを見直しておいて欲しいと思います。各家庭の事情(金銭的なものからマンパワーまで)が異なるため、どちらが良いかは各家庭で答えは異なりますが、メリットデメリットは大きく変わらないかと思います。

 ただ、どちらを選択したとしても100%満足できる介護になるというのはかなり難しいです。ですので、どちらの方がどれだけメリットがあるかで決めると良いと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

自宅介護によるメリット&デメリット

 自宅介護によるメリットとデメリットを列記してみたいと思います。

  1. 症状の進行を含め、状態がよく把握できる
  2. 認知症の方が安心感を得られる
  3. 月々の介護費用がかなり軽減できる
  1. 同居によって思わぬトラブルが発生する可能性あり(嫁姑問題等)
  2. 介護の負担が大きい
  3. 何か起こっても自己対応となる
  4. バリアフリーなどリフォームすると大きな出費となる

 また、自宅介護と一口に言っても、認知症の方を介護者の家に呼ぶのか、逆に介護者が認知症の方の家に行くのかで変わってくるところもあります。例えばですが、認知症の方を新しい家・地域で住まわせるとトイレの場所が覚えられなかったり、家に帰ると言い出したり、思わぬ混乱が生じることも多いです。逆に認知症の方の家で介護するのであれば、介護者側の生活基盤が大きく変化することにもなります。仕事(離職&再就職)の面など、簡単にはいかないポイントもあるかと思います。

施設入所によるメリット&デメリット

 施設入所によるメリットとデメリットを列記してみたいと思います。

  1. 何かあっても即時対応してくれる
  2. 介護負担が大きく減る
  1. 金銭的負担が大きくなる
  2. 100%入所できるわけではない
  3. 症状によっては退所させられることもある
  4. 本人にとって合う施設になるかどうか分からない

どちらの選択肢も常に考慮しておくこと!

考慮しておく!

 家族で相談したり、色々な方法で自宅介護をするのか、施設への入所をするのかを決めると思うのですが、どちらを選択したとしても、両方の手段を備えとして考慮しておくことをオススメします。理由は以下のようなことが起こり得るからです。

 例えば、施設への入所を決めたとしてもすぐに施設に入れるとも限りません。入所までの間は自宅介護になることが目に見えています。それに症状によっては入った施設から退所を余儀なくされるケースもあります。そうなると次の入所まで自宅介護となることだってありえるわけです。

 逆に、自宅介護を考えていたとしても、メインで介護をしている方が病気で倒れてしまうこともありえます。メインの介護者に何かあると生活基盤が一気に崩れ、共倒れということも少なくありません。そうなってから施設を探しているようでは後手後手に回っていることになります。どちらを選択したとしても、両方のことを視野に入れておくようにしたいですね^^

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon