認知症の症状-中核症状の記憶障害

認知症の記憶障害

 認知症といわれれば、まず思い浮かぶのがこの記憶障害、いわゆる物忘れのことだと思います。アルツハイマー型認知症では家族がこの記憶の部分に関して不安を抱き病院に連れてくるのが多い印象です。

 では、一言で記憶障害と書いてしまっていますが、記憶障害とはどういうことなのでしょうか??このページではその辺りのことを紹介してみたいと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

そもそも記憶障害ってどういうこと?

 記憶障害と一言に書いていますが、実は記憶障害もいくつかの種類に分けることができます。一般に5つに分けられています。

短期記憶障害

短期記憶

 短期間(少し前)の記憶を保持しておくことができなくなります。アルツハイマー型認知症では初期の頃からこの症状が見られます。実例で説明するなら、財布をどこに置いたか分からなくなる(いつも探し物をしている)、何度も同じことを聞くなどの症状が見られるようになります。 自分でタンスに入れた財布のことを忘れてしまうので、物盗られ妄想へと発展するケースもあるかと思います。

長期記憶障害

長期記憶

 長期の記憶とは、普段は忘れているようなことでもふとしたきっかけで思い出すことができる記憶です。実例でいうなれば、自分の子供(息子や娘)のこと、定年前に働いていた会社のこと、自分が通った学校のこと、などいわゆる昔の記憶のことです。

 比較的、保持される記憶なのですが、認知症が進行するとこれらの記憶も現在から過去方向へ順に忘れていってしまい、女性では結婚したことを忘れていて旧姓で呼ばないと気付かなかったりします。

エピソード記憶の障害

 自分が体験した出来事を忘れてしまうもので、アルツハイマー型認知症では初期の頃から障害されます。短期記憶と管理しているのと同じ部分、脳の海馬が関わっています。誰かと何かをしたこと、夕食の食べた内容などを忘れてしまうため、人付き合いにおいてトラブルを起こしてしまうケースがあります。

手続き記憶の障害

手続き記憶

 手続き記憶とは、自転車の乗り方や楽器の演奏、包丁を使う、洗濯物をたたむなど、体を使って覚えるような記憶です。認知症になっても比較的長く維持される記憶なので、できることをさせてあげ、生きがいにつなげるケアをするために使いたい記憶です。

 但し、包丁を使って切ることはできても、順序立てて料理をするなど複雑なことはできなくなってきたりします。あまり難しい作業をさせて混乱させないようにしたいです。

意味記憶の障害

意味記憶

 物事の名前や意味などの知識的な記憶です。例えば、電話を前にして操作することができたとしても、『電話』という言葉の意味と指すものが何であるかが分からなくなったりします。会話の中で『あれ』『それ』が増えてコミュニケーションが難しくなったりします。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon