介護する側の悩み-認知症を受け入れられない

悩む

 家族(とりわけ自分の親)が認知症としか思えないような行動を取り始めたときや、実際に病院へ行ってはっきりと認知症であると診断されたときはなかなか受け入れにくく、信じたくないと思ってしまうものです。こういった悩みは、実は誰しもが戸惑い、誰しもが最終的には受け入れられるようになるものなのです。

 介護者(家族)が辿る心の動きは一般に以下のような順序とされていますので、参考程度に知っておくと良いと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

1.戸惑い、否定、拒否

拒否

 突然、自分の親がおかしな行動を取り始めたり、物忘れが目立ち始めるとどんな家族でもふと認知症を疑います。しかし、その日まで普段どおりにできていた昔の姿を思い出してそんなわけはないまだまだ大丈夫なはずだと、受け入れることを拒否してしまいます。

 また、周囲の人に知られたくないと感じ、認知症であることを誰にも相談できなかったり、病院への受診を尻込みするようなケースも少なくありません。早めにこの時期を乗り越えて早期発見・早期受診すれば、適切な治療が受けられる可能性もありますので、戸惑う気持ちも分かりますが、できるだけ早期に受け入れる気持ちになることが大切です。

2.怒り、混乱、拒絶、いらいら

怒り

 認知症の症状が進むにつれ、家族はもちろんのころ、周囲の人たちもろとも巻き込まれ、振り回されるようになってきます。介護する側に『介護しているという意識』も『認知症に対する知識』も少ないことが原因だと思われます。介護する側にとっても、介護される側にとっても最もつらい時期であり、可能な限り早くこの時期を乗り越えたいところです。

3.諦めの心、開き直る

諦め

 認知症という病気への理解が深まってきてようと、きてなかろうと、何度も何度も苛立ったり、振り回されたりしているうちにあぁ、そうか、怒っても無駄なんだ・・・仕方ないな・・・と思うようになってきます。この時期を乗り越えられると後はずいぶんと楽になるのですが、新しい症状が出たり、新しい問題が発生したりすると、まだ2.に逆戻りするようなこともあります。

4.ありのままを受け入れられる

理解

 認知症という病気に理解が深まったり、認知症だという事実をしっかり受け止められると最終的に受け入れられるようになります。この気持ちになれるまで時間がかかるかもしれませんし、介護生活を送っていると時には苦しくなることもありますが、1.2.3.のどの状態よりもずっと楽に日々を送れるかと思います。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon