ポータブルトイレの汚れ、しびんの汚れ、消臭や殺菌の方法

トイレの汚れ  認知症が進行してくると、トイレがどこにあるのかが分からなくなって尿失禁をしてしまったり、そもそもトイレでしなければならないことを忘れたりしてリビングで普通に用を足したりします。その他、弄弁(ろうべん)行為があったりして、布団や壁、床などを汚すことが増えてきます。

 そんなおトイレ関連の汚れ、消臭・殺菌などのケアについていくつか紹介してみたいと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

トイレ周りを汚してしまう場合

 男性の認知症の患者さんに多いのですが、自分でおトイレに行けるのですが、トイレ周りを必ず汚してしまうという問題。汚されたまま長時間放置されて、不衛生な状態が続き悪臭を放ったり、トイレの床にシミができてしまったり・・・。また、汚したことにすぐ気が付いたとしてもなかなか手間のかかるものです。

 こういうときにペット用のトイレシートなんかを床に敷いておくと床にまで漏れないので汚れたシートを取り替えるだけでずいぶん手間が減ります。ペットシーツは1枚当たりにすると数円~高くても数十円なので、オススメです。また、少し値段は上がりますが、炭入りのトイレシートだとより消臭力もあがります。(※炭入りでも完全に消臭できるわけではないですが、ないよりかなりマシ。)

トイレ以外を汚してしまう場合

掃き掃除でもOK

 トイレがどこにあるのか分からずに間に合わず失禁したり、トイレ以外の場所をトイレと思いそこで用を足したりして、リビングなどを汚してしまった場合。お茶葉やコーヒーの出がらしを乾燥させたものをストックしておいて、拭き掃除の時に少し水分を足して床に撒き、一緒に掃き(拭き)取ったり、掃除機で吸ったりすると消臭効果や殺菌効果を発揮します。また、汚物と一緒にそのままゴミ箱に捨てると、におい消しの効果もあります。

ポータブルトイレをきれいに洗う

 ポータブルトイレを洗う場合、洗剤でゴシゴシ洗うのも時には必要ですが、ササっと済ませたいときはクエン酸水で流すことをオススメします。排泄物を捨てた後にクエン酸水を入れてすすぐだけです。クエン酸水は、500mlペットボトルに水400mlに対してクエン酸を小さじ2杯程度入れたものです。厳密に量らなくとも大体このくらいで大丈夫です。また、しびんを洗ったりするのにもクエン酸水はオススメできます。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon