介護用おむつの種類と組み合わせ

介護用おむつの種類と組み合わせ

 認知症が進行してくると、失禁をしてしまうことも増えてきます。排泄関連のケア方法は、個人のおトイレの回数や体格、動きの度合い(歩く~介護付で歩ける~寝たきり)によっても変化しますし、自宅介護であれば、時間的にどれだけ介護者が関われるかなどでも変化してきます。

 当サイトでもある程度の知識は紹介しているつもりですが、介護用おむつに関することは一度は必ず専門家に相談してみることをオススメします。担当のケアマネージャーさんやお近くのオムツフィッターのいる病院や介護施設などで相談すると良いと思います。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

軽失禁パンツ(アウター)とインナーの組み合わせ

 初期の初期であれば、一般に通販などで販売されている軽失禁パンツ(普通の下着に少しの吸水層があるようなもの)を使用する場合も多いはずです。これだけでも大丈夫ですが、さらにインナーとして尿パッドを組み合わせることもありますが、場合によっては紙パンツに切り替えることもオススメします。

紙パンツタイプのおむつ(アウター)とインナーの組み合わせ

 紙パンツタイプのおむつは軽失禁パンツでは無理であったり、回数が増えてきたときからオススメです。立ったり、座ったりできる方全般に使うことができるものです。これに尿パッドを組み合わせることでより経済的に使用することができます。(尿パッドしか汚れていなければ紙おむつは変える必要がないので)

テープで止めるタイプのおむつ(アウター)とインナーの組み合わせ

 立ったり、座ったりすることが難しくなってきた場合は、パンツタイプよりもテープで止めるタイプの紙おむつがオススメとなってきます。パンツタイプの紙おむつよりも介護者がおむつ交換をしやすいというのがその理由です。この段階になってくると、インナーは大きめの尿パッドにしないと厳しくなってくる場合が多いです。また、場合によっては補助パッドを使用する方が漏れが少なくなることもあります。

紙おむつに関する注意点

 紙おむつを購入する際に気にしてしまうのが吸水量です。これは介護者が漏れてしまってはイヤだとか、長時間おむつを替えなくても良いとか考えることによります。しかし、その吸水量に関係なく、汚れるたびにおむつを交換することが陰部やお尻の清潔なケアに繋がるため、おむつかぶれや褥瘡(じょくそう、いわゆる床ずれ)を防ぐことにもなります。

 おむつかぶれや褥瘡(床ずれ)を作ってしまうほうが、介護はより困難になりますのでおむつ選びは吸水量よりも通気性などの本人の快適性を重視するように選ぶようにするのが基本的な介護の考え方になります。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon