認知症の方がお風呂になかなか入ってくれない

認知症患者さんがお風呂に入ってくれない

 認知症の患者さんがお風呂に入ることに抵抗を示すケースは意外と多いようです。特に高齢の方では昔は毎日お風呂に入ったりしていない方も実際に多く、今になって何故毎日お風呂に入らないといけないのか分からなくなっている方もいるのです。(※こういう昔のことを思い出して、その通りに動くことを昔返りという)

 とは言え、定期的にお風呂に入ってもらわないといけません。口がすっぱくなるほど言い合いをしてお風呂に入ってもらわなければならないのは、介護者にとって大きな負担となります。

PR:自宅介護がつらくなったら・・・

施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

お風呂に入ることを嫌がる理由

 認知症の方のもともとの生活習慣や生活、介護の仕方などによって大きく異なるのですが、嫌がる理由は以下のものが多いです。

  • 昔からお風呂があまり好きではない
  • 服の脱ぎ方(ボタンの外し方)が分からなくなっている
  • お風呂のしくみが分からなくなった(シャワーや水道の出し方)
  • 服を脱ぐのがイヤ、怖い
  • 介護者に見られるのがイヤだ
  • 汚い、臭いなどと罵られた気がして反発している
入浴に誘うアドバイス

 上のものを見てもらうと分かりますが、お風呂に入りたがらない理由を大別すると、認知症が原因の物忘れからくるものと、介護者との間柄に起こっている事情の2種類に分けられます。それぞれの思い当たる節を想像して、お風呂に入ることを勧めていくようにしましょう。

うまく入浴してもらうためのコツ

昔からお風呂があまり好きではない

 こういう方には、機嫌が良いときにうまく誘うようにするとうまくいくことがあります。介護者が言ってもどうにもならないときは、友人、親戚、訪問看護師さんなどに代わりに言ってもらうとうまくいくこともあります。

色々なことが分からなくなっている場合

 例えば、服の脱ぎ方(ボタンの外し方)が分からない、シャワーや水道の使い方が分からないなどの状態になっていて、以前、お風呂に入るとき、戸惑うようなことがあったり、怖いと感じた感情の記憶が残っている場合などです。お風呂は楽しいところだということを全面に出し、誘うと良いと思いますが、それでもダメな場合は訪問入浴サービスやデイサービスなどを利用し、専門家に任せるようにしましょう。

介護者に見られるのがイヤだ

 こういう認知症の方には下着やTシャツを着たままで良いので、入浴してもらうようにしましょう。お湯に浸かって少し洗えるだけでもかなり清潔度は変わります。

汚い、臭いなどと罵られた気がして反発している

 これは介護者との間で何かしらのトラブルがある(トラブルがあった)ケースが多いです。お風呂に入って欲しいからといって、汚いや臭い、不潔などを連想させてしまってはいけません。できるだけ前向きな発言、例えばさっぱりするよ、きれいになるよ、気持ちが良いよなどと誘うようにしましょう。簡単なようで難しいかもしれません。

当サイトのメニュー一覧

自宅介護にツラさを感じるなら・・・

 施設への入所も検討しておくことをオススメします。無料で相談や資料請求~見学予約までできます。条件の良いところは待機者も多いので、目星だけでもつけておくと後々助かるかと思います。

運営者について

運営者

◎HN:だいる
◎職業:10年目病院薬剤師
◎趣味:釣り、サイト運営
◎住処:近畿地方
その他の詳細プロフィール
連絡フォームはこちら

Page top icon